ラベル(Label)

IT (41) Proposal (41) Social (40) Financial (36) Fund Management (32) AI (31) Risk (29) Hedge Fund (26) Trading (26) idea (25) economics (17) BOJ (16) life (16) Culture (14) accounting (12) Science (10) hobby (10) career (7) job (5) Hiking (4) emotion (3) Statarb (2) Travel (2) music (2) piano (2)

2019年4月26日金曜日

MMT(現代金融理論)の 重要ポイント Key Point of MMT(Modern Monetary Theory)

MMT(現代金融理論)の 重要ポイント

English Follows



 自国の通貨を発行できれば(シニョリッジ)、国家のデフォルトは発生しない、という昔からある議論が最近MMTという名前で蒸し返されている。

 重要なポイントは、「国家のデフォルトは自国の通貨発行で回避できるが、ハイパーインフレを誘起する可能性もある」ことだ。ただ、この議論は国家債務が自国通貨建てのみである場合に限る。過去のロシア危機や中南米危機は他国通貨建て国家債務が原因だ。なぜなら、ハイパーインフレにより、自国発行通貨は満期払い戻しに対応できなくなるからだ。なお、基礎的収支が黒字にならない限り国債は膨張し続けるが、中央銀行が市場の信認を維持できるかぎり有効な方法である。

自国の通貨の発行に至るまでには、現実には段階がある。
1)国債の満期の払い戻しは、まずは、新規の国債発行の借り換えで対応する。
2)借り換えの発行が市中消化できない場合には、中央銀行が購入する。その原資は市中銀行からの当座預金とする。当座預金量は付利のコントロールで調節する。現在のFED、ECB,日銀の状態だ。中央銀行は現在の日銀のようにマイナス政策金利下でプラスの付利を基礎部分に行うなどして当座預金を上手に誘導する必要がある。
3)当座預金がどうしても不足する場合には、最後の手段として、新たに通貨を発行。状況が極限まで行って、中央銀行が信任を失った場合などである。

 この最後の3)の自国の通貨発行は、いわゆる「中央銀行によるファイナンス」であり、ハイパーインフレを誘起する。しかし、リーマンショック後のFED、ECB,日銀によるQEは通貨発行には依存していない(下図参照)。QE後の中央銀行バランスシートを見ると、国債購入で中央銀行はリスク(信用、市場、流動性)をとるが、元本自体は紙幣発行でなく銀行預金であり、これは市中消化されていることと同値である。

量的緩和(QE) 前


量的緩和(QE) 後




Key Point of MMT(Modern Monetary Theory)





 As country has seignorage, it will never go default. Such well talked about logic came surfaced recently, now named as MMT, Modern Monetary Theory.

  Important point is `Country can avoid default by currency issuance but can invite hyper-inflation`. Note that this works only when sovereign is not issued in foreign currency denominated. We recall the Russian crisis as well as South America crisis where foreign currency denominated sovereign had gone default. Hyperinflation drove maturity payment impossible. Besides, it should be noted that sovereign balance will keep increasing unless primary balance become positive however, MMT approach still works as long as central banks have trust from market.

In reality, there are few steps to go until currency issuance.
1) Maturity payment of sovereign is covered primarily by new issuance.
2) If new issuance cannot be absorbed by market, central bank purchases direct. The funding source may be current account balance of bank deposits. The current account balance can be controlled by overnight interest rate. This is the current status of FED, ECB, BOJ. Central banks need to induce deposit just like current BOJ is doing, i.e., set positive rate on basic amount under negative policy rate.
3) If run short of current account balance, as a last resort, issue currency note. This is the case when central bank loose market credit under extreme condition.

  The currency issuance 3) in this case are so-called `central bank finance` that can invite hyper-inflation.  However, Quantitative easing (QE) after Lehman shock by central banks such as FED, ECB, BOJ did not depend on currency issuance.  Balance sheet of central banks after QE shows that (see below), central bank purchase are taking risks (credit, market and liquidity) but principle did not depend on currency issuance but was equivalent to absorption by market. 

Before QE(Quantitative Easing)


After QE(Quantitative Easing)